生徒募集が成功するピアノ教室と失敗するピアノ教室の差

  • HOME
  • 生徒募集が成功するピアノ教室と失敗するピアノ教室の差

なぜ自宅ピアノ教室に生徒が集まらないのか?

生徒が集まらない自宅個人教室の典型的な特徴は、大手の音楽教室と同じ生徒募集方法をしようとしていて、せっかくの自宅個人教室である利点を活かそうとしていないことにあります。

大手の音楽教室では「先生が選べない」「曜日や時間の融通が効きにくい」「通いにくい」「セキュリティに問題がある」などといった様々な問題を抱え、お客様側が自由に選択できないという、今の時代には合わない数々のデメリットを抱えてしまっています。

特に「先生が選べない」デメリットは、このインターネットで自由に検索して選べる時代において致命的な弱点で、むしろお客様側では「インターネットで自由に先生を選ぶ」時代に突入しています。

つまり「生徒が集まる教室=お客様から選ばれる中身がある教室」であり、これは大手音楽教室が自由性を失っている今、自宅個人教室のほうが自由に中身を作ることができ、インターネットの世界で全てを公開することでお客様から選ばれる教室になることができます。

これらのことから生徒が集まらない理由はたった一つ。今の時代に合った音楽教室経営をしていないからです。

今の時代に選ばれるピアノ教室って?

今の時代に生徒募集が上手くいくピアノ教室とは?

 

過去、音楽教室や先生は「大手音楽教室のブランド名」であったり、受賞数や人柄、月謝の安さなどの「クチコミ」で選ばれるのが当たり前でした。今も古くからある教室はクチコミだけで、たくさんの生徒を集めている教室もあります。
しかし、これから生徒を集めようとしている教室が、今からクチコミを広め生徒を集めるには、途方もない努力と時間が必要となり、そうこうしているうちに時代に置いていかれる結果になります。

今から生徒を集めようと決意する教室に必要なことは、ネット上で自分の「教室の魅力」をネット上の「ルールに則って」宣伝する。これができるかできないかで、今の時代は生徒募集の成否が決まります。

そして、ネット上で表現しなくてはいけない「教室の魅力」には5つの条件があります。

NEXT⇒生徒募集が成功するピアノ教室などの音楽教室の5つの条件

無料メールマガジン「生徒募集100のヒント」説明とお申し込みページはこちら