今だけホームページ制作50%OFF!

今回は実際に音楽教室の先生はどの程度稼げるのか?

実際の数字から計算して、ヤマハ音楽教室の先生と自宅教室の先生の、平均収入と、最大限いくらまで稼げるかを計算してみました。

以前、twitterでも公開しましたが、協会の試算では音楽教室の先生は全国に約3万人いると推測しています。

そのうち、ヤマハの先生が13,000人、カワイで5,000人。

無所属の先生が12,000人という内訳になっています。

さて、この数字から何が分かるかというと、音楽教室の先生の平均月収や、どこに所属している先生が一番稼げるのか?どれだけ稼げるのか?ということが見えてきます。

例えば、ヤマハの場合ですが、生徒数は約40万人となっています。

つまり、先生一人あたりの生徒数平均は約30人。

月謝平均7,500円と考えると、先生一人あたりの月謝収入は225,000円。

ただし、月謝収入は丸々、先生の手元に入ってくるわけではありません。

ヤマハと教室を運営する特約店、先生に分配されます。

先生の取り分平均を50%と考えると、112,500円がヤマハの先生の平均月収となります。

さて、これに対して、無所属。つまり自宅教室の先生はどうでしょう?

協会でインターネット上に公開されているありとあらゆる調査結果を集計し、無所属の先生の平均生徒数を試算したところ約25人という結果が出ています。

また、ヤマハよりも平均月謝は低いため、7,000円で計算すると無所属の先生の平均月謝収入は175,000円という試算になっています。

つまり、大手の音楽教室に所属したほうが生徒数は多くても、平均月収は自宅教室の先生のほうが多いことが分かります。

ヤマハの場合、グループレッスンがあるので、グループレッスンを持てる先生だけに限ると、もっと、平均月収は高くなりますが、今日はざっくりと総合的な平均で計算しています。

さて、では、最高でどのくらい稼げるかという計算をしたいと思います。

今回は個人レッスンだけという想定で計算します。

1レッスン30分として、15時~21時をレッスン時間とすると、最高で1日14人の生徒を入れることができます。

仮に週6日、レッスンするとして、あり得ないですが、全部の曜日に14人埋まっていると仮定すると、

生徒数は84人となります。

ヤマハの場合ですと、

7500円×84人×0.5=315,000円

自宅教室ですと、

7,000円×84人=588,000円

ただ、ヤマハの場合ですと、所属する教室によって生徒が集まりやすい、集まりにくいがあるので、全ての稼働曜日で最大限まで生徒を埋めることはほぼ不可能です。

しかし、自宅教室の場合は、教室の立地条件や生徒募集さえ地域と噛み合えば、最大限近くまで生徒数を埋めることは不可能ではありません。

そう考えると、ヤマハではどんなに稼げても20万円前後。

自宅教室だと2倍の月収40万円を超える事もできるという計算になります。

音楽教室マネージャー時代、「ピアノの先生は一人ではやっていけない」「稼げない」

そんな話を先生からよくされていましたが、この数字から考えると、決してそんなことはないと断言できます。

ただ、何もしなければ、生徒は集まらないだけで、正しい行動をした先生にだけ生徒が集まる。

数字がすべてを物語っています。

満足度90.2%達成!
購読者数1,500名達成!
無料メルマガ「生徒募集100のヒント」

13年間で10,000人を生徒募集したノウハウが合計100個のメールマガジンになって届きます!

関連記事

  • 関連記事
TOP