今だけホームページ制作50%OFF!

皆さん、こんにちは。理事長の大沢です。

今回から、一般会員の皆様に限定配信しているニュースレターの内容について、目次解説をブログでしていきたいと思います。

ちなみにですが、Vol.25の配信目次はこのような感じでした。

・生徒が集まるかどうかはプロフィール写真で決まる!生徒が集まる写真とは?
・音楽療法士を募集するブラック企業にご注意
・ついに登場!楽譜が電子ペーパーになり演奏がここまで便利に!
・外国人向けに教室のホームページを英語にしたものを作るのはどうでしょうか?

 

「生徒が集まるかどうかはプロフィール写真で決まる!生徒が集まる写真とは?」

無料メールマガジン「音楽教室ちえぶくろ」の第3号でご紹介した「生徒が集まらないプロフィール写真の使い方」を更に具体的に解説しています。

生徒募集のホームページやチラシに掲載する写真ですが、基本的にはこんな写真に分かれると思います。

・先生の写真(レッスン服・ドレス・普段着)
・レッスン風景(生徒のみ・先生のみ・生徒と先生)
・レッスンルームや楽器の写真
・教室の外観

これらの写真の効果的な写し方や使い方。撮影時の注意。そして、逆に生徒が集まらない危険な写真の使い方について解説しています。

 

「音楽療法士を募集するブラック企業にご注意」

音楽療法士だけではないのですが、音楽系の技能を求めた求人というのは、かなりブラックな求人も増えてきています。

特にこれから社会に出る音大生の皆さんには読んでいただきたい、音大生の実体験も交えた業界裏話になっています。

 

「ついに登場!楽譜が電子ペーパーになり演奏がここまで便利に!」

これは、新聞などにも掲載され話題になっているので、既にご存知の先生方も多いと思います。

この手の電子系ツールの販売企画にも携わったことがあるので、この商品の今後についても私見を交えて解説しています。

 

「外国人向けに教室のホームページを英語にしたものを作るのはどうでしょうか?」

そして、先生方からのQ&Aコーナーですが、外国人向けの英訳した生徒募集ホームページを制作するというアイデアに対する回答や、

生徒募集よりもレッスン力や保護者とのコミュニケーション力を向上させる方が先では!?というお叱りのご意見に対する回答。

ベテランの先生から、初めて自宅教室を開く事に関するご質問を回答しています。

13年間で10,000人を生徒募集した方法
購読している音楽教室の先生1,500名

無料で100個も生徒募集成功のヒントが
メールで送られてきます!
だから、みんなコッソリ登録しています。

関連記事

  • 関連記事
TOP